---お知らせ---
当ブログを読んでいただいてる皆様
お手数をおかけして申し訳ありません。

リンク、ブックマーク、お気に入り等に
コタロー日記を入れていただいてる方
新しいURLでお願いいたします。

こちらです!ココです! 48inu.com – シバイヌドットコム – でーす♪

柴犬コタロー日記
http://www.48inu.com/makimama/

なおこちらのブログからランキング投票クリックしていただいても
カウントされませんので
新ブログhttp://www.48inu.com/makimama/ からよろしくお願いいたします(*^_^*)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一瞬でキメる?訓練とはなんぞや

最近、リードがタルタル=ユルイ状態でも歩けることが多くなってきました(当社比)。

f:id:maki-mama:20090415162501j:image:w300

↑影を見るとタルタル加減がよくわかります

 ちなみに歩きながら撮影


お散歩中はリードをガンガン引っ張ることがないように

コタローが引っ張ったら私が前へ出る、を繰り返してきました。


引っ張られるのとはちょっと違います。

引張りが無くなるまでコタローに追いつき

あまりリードを張った状態にしないことを注意していました。


コタローが行ってはいけない方向に行ったときは

立ち止まったりリードをこちらが引くこともありますが

まっすぐちゃんと歩いている分には

とにかくコタローの早足にあわせることを心がけてきました。


コタローの首にテンションをかけないように。

コタローが引っ張ること・引っ張られることに慣れないように。


まあ直接プロに教わったわけでもないので

かなり怪しいリード使いですが(^_^;)


で、ふと気が付くとあまりリードを引っ張らないコタローがいました。

(注!あくまでも「当社比」です)


そこでもしリードが張れたとき

いつもなら私がリードを緩めるために前へ出るのですが

止まったらどうするかな?

実験です。

f:id:maki-mama:20090415162459j:image:w300

いつもならココで私が前に出ます。

今日は止まってみました。


すると・・・

f:id:maki-mama:20090415162500j:image:w300

おお!ちゃんとコタロー、何があったかと振り向きました♪

ほんとはココで飼い主のところまで戻ってくると

さらにいいのかな?

ごめんね~なんでもないよ(^_^;)


さあまた歩こうね。

f:id:maki-mama:20090415162502j:image:w300


コタローには「ツケ」「アトへ」など特別な脚側歩行を教えていません。

(飼い主が教える技術があるかどうかも怪しい)

また常にアイコンタクトをとることもトレーニングしていません。

教えたところでコタロー、やるかなぁ・・・。


ま、うちは目指せユルユル家庭犬

競技会やドッグスポーツをやるわけでもないので、いいんです(たぶん)。


ところで家庭犬にアイコンタクトをさせながら

脚側歩行をさせる目的って何でしょう?


拾い食い防止?

でもうちみたいに公園で散々におい嗅ぎさせてたら

歩いてないときに拾い食いしちゃうよねぇ。

そうするとにおい嗅ぎも禁止???犬なのに???

拾い食いとは別問題じゃないかなぁ。


車や人がいて危ないから?

リードを短く持って歩くだけじゃダメなのかなぁ。


飼い主より先に歩くと自分がリーダーだと思うから?

いやそれはないだろう(-_-;)

たかが散歩で前を歩いたくらいで

上になったり下になったりしないでしょう。


なんでこんなこと思っているかというと

ある預託訓練に飼い犬を出した方のブログを読んだからなんですね。

月齢3ヶ月から半年間の預託訓練。

いや、人それぞれですから批判するつもりはないんです。


でも預託訓練から戻ってきて1ヶ月、脚側歩行ができなくなったので

再度訓練士さんが来てくれたんですね。

で、訓練士さんがリードを引いたとたん「キャイィーーンと鳴いてパニック」、そしてへたり込んだそうで・・・。

それを飼い主さんは「先生は本当に一瞬でキメてしまわれた」と表現し、たいそう感動された様子でしたが。


もしコタローが何かに「キャイィーーンと鳴いてパニック」になったら

まずコタローの精神状態を心配します。

ココロに深い傷を負っているのではないかって。


そちらの先生は「どのわんこも2か月程度は預託訓練をした方がいい」といわれてるそうです。

問題行動が出始めるのが生後4~6ヶ月、

犬を飼ったら生後6~8ヶ月の間に訓練所に預けましょう!・・・

でもうちは出さないなぁ。

もしかしていちばんカラダもココロも成長著しいときですよね。

それを目の当たりにしないのはもったいないなぁ。

というか、私の側で成長してもらいたい。

その先生に言わせたらきっとダメ飼い主なんでしょうね。


で、もしコタローがこのままつつがなく成長したら

「イイ犬にあたった」ってことで

もしコタローが何か「問題行動」を起こすようになったら

「ほら見たことか」ってなるんだろうなあ(^_^;)


きっとコタローが預託訓練とかに行ったら(いや絶対行かせないけど)

アイコンタクトもしないわ

脚側歩行もなかなかできないわ

「来い」もあやしいわ

きっとなかなか卒業させてもらえないんだろうな。

で、やっぱり完璧にマスターとはいえないレベルで

「洋犬と違って柴ならこんなもんです」って言われて卒業。


柴犬を預託訓練に出された方のブログをいくつか読みましたが

飼い主自ら「洋犬と違って柴なのでこの程度らしいです」って

なんだか残念な気持ちがヒシヒシ伝わるような書き方が多いんですよね。


なんかね~、なんだかね~(-_-;)


洋犬作業犬向きの訓練を受けても

そりゃやっぱり柴ですし向いてないと思うんですよね。

それをさも「柴は訓練がちゃんと入らない」みたいな感じで言われるのは

柴飼いとしては悲しいなぁ。


コタローと散歩しててふと思うんですが

もし私がマタギ(=猟師)で

山にこもってコタローと一緒に猟をしてたら

どうだろう???

きっとアイコンタクトとりながら脚側歩行しているより

イキイキしてるんだろうなぁ。


それはもちろんありえない想像(妄想?)なんですが

柴って元来そういう犬なんだって

いつもココロの片隅に留めておかないといけないなって思うんです。

それを家庭犬として暮らしてもらってるわけだから

お互い妥協しあうというか

理解しあって暮らしていかないと・・・ね?


なんだかんだと書きましたが、預託訓練の訓練士さんも

出された飼い主さんも誹謗中傷するつもりは毛頭ございません。

ただうちはやらないです・・・ってそれだけ。



・・・最後が逃げ腰?すみません(^_^;)

たかが一介の柴犬飼いなものですから。



ちなみにコタローが行きたい行きたい!って最高に引っ張った時

私が立ち止まったままだと、コタローはオスワリします。

背中で「こっちに行きたいんだけどぉ・・・」ってアピールします(^_^;)

f:id:maki-mama:20090313111149j:image:w300

これはウンチの後にマテをさせていたりした影響かな?

自分が動きたいのに動いてくれない時は、オスワリして待っていれば

いつか動く!と学習したようです。

でもコタローの行きたい方向に行かないことも多いですけど。

そういうときは「行かないよ」って説得&リードでチョンチョン。

説得ができなければ、やや強引にリードを引きます。

コタローにショックを与えないようにしているつもりなので、

強すぎないかな???ってこの時がいちばん緊張するかも。

しぶしぶついてきます(^_^;)




にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

ちなみに「ダメ犬が一発で」的なTV番組もちょっと(^_^;)

一発で治るってどんだけ犬にとってストレスなんかなぁ

とかイラン心配をしてしまいます

あくまで「お笑い番組」としてみることにしています

←ポチっとクリックしていただければ励みになります

theme : 犬との生活
genre : ペット

tag : しつけ・トレーニング 犬について

comment

Secret

EMAIL:
IP:
頑張って沢山書いたコメントが・・・ 書き込み失敗しました。。。(><)

EMAIL:
IP:
初めまして♪ タローの主さんのところから来ました。過去記事への書き込みでごめんなさい。

私はスポーツとして服従訓練競技を楽しんでいます。
細々と(爆)自分で練習しながら、ときどき訓練士さんに見てもらう、という感じで、預託訓練は出したことはありません、というかうちの犬にはあり得ません。

アイコンですが、多くの訓練を習う飼い主さんは、「アイコンは基本中の基本。アイコンをまずやらせないとダメ」的ことを訓練士さんに言われ、やみくもに(言い過ぎ?)練習するのではないかなぁ、と思います。

アイコン・・・って一番難しいかと思います。
犬の顔も眼もこちらに集中させる訳ですから。
だから、私もいつもアイコンを求めるわけではありません。

でも、例えば、狭いところで犬とすれ違う時など(特にうちは毎日狭い道が散歩道なので)、相手がジッと睨んで来たとき、もしくは怖そうにしているときなどは、私とアイコンを取らせることで相手との目線を外します。これで、かなりすれ違いの緊張感を取ることができます。

こちらの目線を外すだけで、吠えられなかったり、相手にプレッシャーを与えなかったりしますよね。
自分でできる子には必要のない技ですが(笑)、睨まれたら睨みかえす的な子の場合は結構役に立つ技です。
ご訪問ありがとうございます
過去の記事にも
コメント募集中♪

コメント返しのコメント返しもどうぞご遠慮なく!

今までの訪問者数:


現在の閲覧者数:


ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

1日1回のクリック♪
ありがとうございます(●・ω・)ノ
プロフィール

まきママ@柴犬コタロー

日記書いてる人:まきママ

コタロー日記へようこそ♪

ネコ(!)好き♪コタパパ
小学生♪コタ姉
そしてコタローの
3プラス1の家族です





旧コタロー日記はコチラ♪
コタロー日記-柴犬と一緒 ▽・エ・▽
※記事は全て移動済みです♪
コタローCM
コタローCM作成してみました! よかったら見てみてください♪
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月齢別記事
テーマ別記事

散歩 動画 体のこと 日常 ワン友 しつけ・トレーニング お出かけ 家族 食べること グッズ ケア 社会化 お散歩会 トイレ 犬について お留守番 マナー 事件 お知らせ 

月別記事
ブログ内検索
携帯はコチラから
QR
最新記事
最新コメント
コタローの体重は?
コタローの体重の推移です。
maki-mamaのコタロー体重
まきママのつぶやき
はてなハイク
365カレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。