---お知らせ---
当ブログを読んでいただいてる皆様
お手数をおかけして申し訳ありません。

リンク、ブックマーク、お気に入り等に
コタロー日記を入れていただいてる方
新しいURLでお願いいたします。

こちらです!ココです! 48inu.com – シバイヌドットコム – でーす♪

柴犬コタロー日記
http://www.48inu.com/makimama/

なおこちらのブログからランキング投票クリックしていただいても
カウントされませんので
新ブログhttp://www.48inu.com/makimama/ からよろしくお願いいたします(*^_^*)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4ヶ月に思うこと/コタローの幸せ

コタローを迎えて


コタローを迎えた日。

漠然と、犬って撫でられるのが好きで、すぐしっぽふってお腹を見せて甘えてくるもんだと思ってた。

子どもの頃に犬を飼ってた私がそうだったんだから、ましてや犬と生活したことのない家族はなおのこと。


だから、コタローが触られるのが好きそうじゃなかったり、暴れたり噛みついてきたりしたときは、あれ?って思ってしまったんだと思う。


触るとするりと避けたり、甘噛みがひどくなったりすると、すごく慌てた。

トイレこそ失敗しても叱らなかったが、甘噛みで痛く噛んだり服を引っ張ったりしたときはかなり叱った。



犬は服従させるもの?


叱ると歯向かってくる態度に不安を感じた。

コレが攻撃的ってことなんだろうか。そんな風に思ったりもした。

付け刃で得た知識では、子犬のうちにしっかり主従関係を築けとか、力で抑えられるうちに飼い主にかなわないと教えようとか。

某有名な犬のしつけDVDの紹介動画を見たり、なぜかその会員専用のFAQサイトに入り込んでしまい、柴犬のしつけ方を読んでしまったりして、やはり力で抑え込まないといけないのか?と思ったりした。


そして、中途半端な知識で無理矢理服従させようとして、コタローとの関係はかえって悪化した。

暴れるコタローを押さえつけながら、コレが私が望んでいたワンコライフだったけ・・・、疑問を感じた。


そのしつけ動画のお散歩風景にも、なにか違和感を感じた。

すばらしいリーダーウォークが披露されている。

犬は飼い主ばっかり見てる。まとわりつくように歩いている。

でも私、こういう散歩がしたかったんだっけ???



コタローの幸せって何だろう


こんなうちに来てしまって、コタローは不幸なんじゃないだろうか。

もっと柴犬のことを理解してくれる家族のところに行っていたら、コタローは幸せだったのでは・・・、ごめんよコタロー。

そんな風に落ち込むときもあった。


このとき、私はすっかり忘れていたのだ。コタローは私たち家族が選んだ犬だが、私たちはコタローが選んだ飼い主じゃない

私たちはコタローが好きだが、コタローの方は私たちを好きでも何でもなかったのだ。


当たり前だ。


今のコタローは、例えて言うならエイリアンにさらわれた人間の子供状態だ。

ある日突然両親や兄弟たちから引き離され、複雑怪奇な音を出す生き物に囲まれ、勝手に持ち上げたれたりいじくりまわされたり。

こちらの意思は全く通じないエイリアンに囲まれて、何を噛んでもギャーギャー言われたり押さえつけられたり。

きっと不安でしょうがなかったに違いない。


私ははっとした。


私たちがやらなければならなかったのは、まずコタローに私たちが安全で優しくて信頼するにたる生き物かを知ってもらって好きになってもらわなければいけなかったのでは?

服従は無理矢理させるもんじゃない。

信頼された飼い主には犬が自ら自主的に服従するようになるのではなかろうか。

ここまで考えが至るまでに、ずいぶんコタローに無理な注文を押し付けてしまった。



コタローの幸せは私たち家族の責任だ


人間なら、やがて大人になって家を出て、ひとりで幸せになる道を進むことができるだろう。

でも犬は?

いきいきと毎日楽しく暮らす幸せは、人間社会に放り込まれたワンコにはどうしたって自分だけでは無理なのだ。

今、目の前にいるコタローを、私たち家族が幸せにしなくて、いったい誰がしてやれるというのだ?


犬を飼うというのは、その犬ただ面倒見て生かしてやることだけじゃない。

その犬を幸せにする責任があるのだと思った。



まずコタローに信頼されるようになろう


コタローに信頼してもらうには?

いろんなブログを見たり、犬の生態についての本を読んだり、パピー教室で褒めるタイプのトレーナーさんから教わったり。

今までコタローに対して失くした信頼を取り戻す、今はその時期だ。

不思議なことに、叱るのをやめ褒めることに専念し始めたとたん、コタローの問題がすっかり消えたのだ。

もちろん減ったとは言ってもいまだに甘噛みもするしイタズラもするし、だけどそれを受け止める私たちがそれを問題と思わなくなったのだ。

コタローは攻撃的でも問題犬でもなく、ただの柴犬のチビッ子だったのだ。


今思えば、無理やりコタローを服従させようとしたとき、コタローよ、よくぞ反抗してくれたと思う。

あの時、コタローがすっかり萎縮して反抗しなくなったら、私は最大の失敗を最高の成功と取り違えてしまっていたかもしれない、

コタローの強さに感謝感謝。



それから1ヶ月


コタローとの関係は、以前よりずっと改善されたものの、まだまだ飼い主修行中の私に、コタローは穏やかな表情を見せてくれるようになった。

いわゆる服従の姿勢であるおなかを見せないなんて悩んでたのに、今では撫でて~とコロンっとすることがある。

f:id:maki-mama:20090126144028j:image:w300

f:id:maki-mama:20090126144029j:image:w300

コタローのゴムパッキン(=黒いところ。くちびる?)もゆるみ気味で笑ってしまう。


ちょっと家族より先に早起きして、こんなふうにコタローとまったり過ごしてみたりする時間は、最高に幸せだ。

f:id:maki-mama:20090126072655j:image:w300

コタローも穏やかな時間を感じてくれていると嬉しい。


リーダーウォークなんて立派な散歩じゃないけど、コタローと話し合いながら散歩コースを決めたりする。

実は家族に譲れないくらい、毎日の散歩が楽しくてしょうがない。


これから思春期になりと、やっと落ち着いてきたワンコが反抗期に入るらしい。

きっとまたたいへんな思いをするのかもしれないけど、この気持ちを忘れずにいたい。

theme : 犬との生活
genre : ペット

tag : 犬について

comment

Secret

こんにちは!
くるみも4ヶ月になって、ちょっと人間の顔色や空気を読むようになりました。ちょっと悪いことしたら、その後「やばい・・・」という顔で遠くから見てたり。その分、余計に可愛さ倍増です(笑)
私も柴わんこどころかわんこ初心者で、
洋犬のように甘えて甘えて、という犬種じゃないのは本などで調べてよく知っていたのですが、やはり実際目にするのとは違いますよね(^_^;)私も試行錯誤、まさにもう1人子供を産んだような気持ちで接してきました。

ちょうどまきママさんが悩んでるとき、おなじように悩んだり、月齢が近いので共感できることも多数!
これからも素敵なわんこライフを送れるよう、お互い「信頼される飼い主」目指して頑張りつつ楽しみましょうね!(^^)!

まきママさんのブログは本当に詳しく記されているので、いつも感心しながら拝見しております。(^^)

コタローとの絆が深まっていく様がよく判ります。
今ではそのエイリアンを求めて2階へやってきたり、リビングで添い寝をしたりとするのですから、心底可愛くて仕方ないでしょうね♪
ご訪問ありがとうございます
過去の記事にも
コメント募集中♪

コメント返しのコメント返しもどうぞご遠慮なく!

今までの訪問者数:


現在の閲覧者数:


ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

1日1回のクリック♪
ありがとうございます(●・ω・)ノ
プロフィール

まきママ@柴犬コタロー

日記書いてる人:まきママ

コタロー日記へようこそ♪

ネコ(!)好き♪コタパパ
小学生♪コタ姉
そしてコタローの
3プラス1の家族です





旧コタロー日記はコチラ♪
コタロー日記-柴犬と一緒 ▽・エ・▽
※記事は全て移動済みです♪
コタローCM
コタローCM作成してみました! よかったら見てみてください♪
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月齢別記事
テーマ別記事

散歩 動画 体のこと 日常 ワン友 しつけ・トレーニング お出かけ 家族 食べること グッズ ケア 社会化 お散歩会 トイレ 犬について お留守番 マナー 事件 お知らせ 

月別記事
ブログ内検索
携帯はコチラから
QR
最新記事
最新コメント
コタローの体重は?
コタローの体重の推移です。
maki-mamaのコタロー体重
まきママのつぶやき
はてなハイク
365カレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。